BLOG

ライティングコーディネート①

照明の事をもっと深く広く知りたいと思い2日間の勉強に行ってきました。

照明がもたらす心理的効果、健康的影響など興味深い話、業界の裏話など
実に充実した2日間となりました。
他県のコーディネーターさんとの交流もできて、情報交換の良い場にもなりました。
受講者の一人のコーディネーターさんが、質疑応答の際に講師の先生に質問していました。
コーディネーターとして総合的に
どのようなスタンスでお客様に接していったらよいのか・・というような内容でした。
確かにコーディネーターとして興味深い質問ですし、コーディネーターとして一度は
抱く疑問です。
私も実際にコーディネータースクール時代の恩師に
幾度となくメールなどで相談もしたことのある内容なのです。
講師の先生が、コーディネーターは一言でいうと 『専門知識を持った営業マンです!』
とお答えになりました。

①御施主様とコミュニケーションを円滑にとり、どれだけ親身にお客様目線になってあげられるか。
②御施主さまの悩み迷い、本当にやりたいことをすべて引き出して差し上げる事が出来るか。
③インテリア商材の幅広い知識を持っているか。新商品情報を吸収する機会を、
 得る努力をしているか。
④それらを満たして、いかにして顧客満足を最大限にまで引き上げていくことができるか。

 今の時代に重要な役割です。とのことでした。
最終的にこの業界も、対人能力の高い人が活躍し、生き残っているとのお話しでした。
営業能力対人能力にもたけているという安藤忠雄さんや森田恭通さんのお話が例に出てきました。
照明のお話とはややズレてまいましたが、私自身を見直す良いきっかけになりました。
このような機会を出来るだけ設けて、常にブラッシュアップしていきたいです。
次回は照明のお話しをさせて頂きます。

CATEGORY

ARCHIVE