BLOG

IKEAの話題

家創りの中で愉しみの一つである家具。

今回は人気のあるIKEAさんの気になる話題。
Ⅰ.「スウェーデンを本拠とするインテリアショップのイケアが、日本の住まいに本気になった。2011年11月からショールームの展示内容を日本の住宅事情に合わせて改装。日本進出1号店でもある船橋店において、玄関や水まわり、リビング、寝室などを実際につくり込んだ展示セットを3カ所から10カ所に増やした。ワンルームから4LDKまでタイプも豊富だ。」

・・・広い展示場には沢山のコーディネートがあるので参考になります。

Ⅱ.「子ども室プロジェクト」2010年9月より推進しており、途中経過の報告会

子ども室のスペースに関しては、広ければ良い、という訳ではなく、実験を行った際に使った6畳という部屋の大きさは、小学生低学年にとっては、体の大きさとの関係から落ち着きがなく、高学年になるにつれ、快適な空間スペースとなる様子が分析を行う過程で、分かり始めた。

さらに、子ども自身が考えて作り上げた部屋と、親が与えた部屋における子どもの落ち着き度や集中力の違いなどを比較してみると、子どもは子ども自身が好んで作った部屋に滞在している時のほうが、落ち着き度や集中力が高まる様子が伺えた・・・

IMG_0523.JPG

家具屋さんや雑貨屋さんの考え方も家創りにはとても参考になり、大切なことですね。

CATEGORY

ARCHIVE